フコイジン製品の選び方

フコイダンを配合している製品を選ぶときに気をつけるべきポイントは一体何なのでしょうか。フコイダンを手軽に摂取出来る健康食品は巷に溢れていますが、その種類は多種に亘ります。使用用途や生活リズムなど、場面が違うだけで選ぶべきポイントも変わってくるはずです。

フコイダンまず、最初に気をつけなければならないのは、その精製純度です。フコイダンの効果を期待する場合は85%以上の製品を選ぶことが望ましいです。また、摂取量の目安にも気をつけましょう。フコイダンの摂取量は、大手メーカーの場合、精製純度85%のものを1日1g以上摂るのが良いとされています。さらに、高分子、低分子の違いにも注目してみると良いかもしれません。どちらもメリットがあるので、より高い効果を期待する場合にはチェックしてみましょう。

フコイダンの精製純度ですが、フコイダン自体が様々なもので結びついた化合物であるため、混じりっ気の無い純度100%のフコイダンにすることはできません。もしも純度100%を謳っている商品があったら注意してみましょう。摂取量については、1日3g以上摂取することで下痢をするリスクが高まります。いくら健康に良いとはいえ、過剰に摂り過ぎることはかえって逆効果です。適量を毎日摂取することを心がけましょう。

フコイダンの効果

フコイダン「健康にいい」とされているフコイダンですが、具体的にどのような点が優れているのでしょうか。高い健康効果に注目が集まるフコイダンについて詳しく知っていくことで、より豊かな生活が期待できます。

昆布やワカメ、もずくなどの海藻に含まれるぬめり成分のフコイダンには多くの健康効果があります。コレステロールを下げる、高血圧を抑制する、血糖値の上昇を緩やかにする、血栓の予防、腸内環境の改善、胃粘膜の保護、肝機能の向上など。ざっと挙げただけでもこれだけの効能が期待出来ます。

コレステロールを下げる効果は、フコイダンが水溶性の食物繊維であるためで、これが脂肪と結合することで体外への排出を促します。水溶性の食物繊維であることは便秘の解消にも役立ちます。塩分の吸収や糖質の吸収を穏やかにする働きもあるため、生活習慣病への関心が高い方にはもってこいの成分であると言えるかも知れません。また、ぬめり成分が胃の粘膜を保護するため、ピロリ菌の排出を手伝います。

様々な健康へのメリットが報告されているフコイダン。これらを有効に摂取することで、日頃の健康に対する不安も解消されるかもしれません。もちろん過剰に摂取してはいけませんが、上手に暮らしに取り入れていきたいものです。

フコイダンの特徴

フコイダンの特徴には一体どのようなものがあるのでしょうか。健康に意識の高い人の間で高い知名度を誇るフコイダン。名前は知っていても、どのようなものであるか知っているかは知らないという人も少なくありません。

フコイダンフコイダンは、1913年にスウェーデンの科学者であるH・Z・キリンが昆布のぬめり成分を発見したことに由来します。当時は「フコイジン」という名称でしたが、その後の国際糖質命名規約により「フコイダン」と変更されることになります。フコイダンの大きな特徴としましては、その保水力の高さにあります。海藻のネバネバ成分もフコイダンによるものです。水分を多く保つことで、潮が引いた後でも海藻が干上がることがありませんし、フコイダンの成分が細菌などから傷を守る効果があります。そのため海藻は痛みにくいのです。

海藻に多く含まれているイメージのあるフコイダンですが、馴染みのある海藻の中で最も多くフコイダンが含まれているのは乾燥もずくだと言われています。また、長芋やオクラ、納豆といったネバネバ食品にはフコイダンは含まれていません。これらの食品のネバネバはムチンと呼ばれる成分に由来しています。もしもフコイダンを摂取したいと考えているときには気をつけましょう。

フコイダンについて

巷で話題のフコイダン。その健康効果に話題が高まっていますが、詳しい内容については知らないという方も多いかと思います。どのような特徴を持ち、どういった効果が期待でき、また、どのように摂取するのが効率的なのでしょうか。

フコイダンフコイダンはスウェーデンの科学者H・Z・キリンが1913年に発見しました。昆布のぬめり成分に由来するフコイダンの最大の特徴はその保水力の高さです。潮が引いたあとでも昆布は干上がることがありません。この成分は海藻などに含まれており、長芋やオクラなどに含まれるムチンとは分けられます。フコイダンの健康効果は、コレステロールを下げたり、高血圧を抑制したり、血糖値の上昇を抑えたりと生活習慣病の予防に役立ちます。

また、水溶性食物繊維の働きにより、腸内環境を整えたり、ぬめり成分により胃の粘膜を保護したりと健康に対して様々なメリットを期待出来ます。このように積極的に摂取するべきフコイダンは、健康食品で摂取することがオススメです。フコイダンの健康食品を選ぶ際には、その精製純度に気をつけましょう。純度が85%以上の製品がフコイダンの効果が高いといえるでしょう。1日1g以上を定期的に摂るようにしてください。また、フコイダンは様々な物質が結合した化合物であるため純度100%であるとこはあり得ません。そのように謳っている製品には注意してください。

健康に様々な不安を抱えている人々にとって、フコイダンの効果は夢のようなものであるといえます。この記事ではフコイダンについて記述しておりますので、その効果について知る際のお手伝いが出来たら幸いです。