フコイジン製品の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フコイダンを配合している製品を選ぶときに気をつけるべきポイントは一体何なのでしょうか。フコイダンを手軽に摂取出来る健康食品は巷に溢れていますが、その種類は多種に亘ります。使用用途や生活リズムなど、場面が違うだけで選ぶべきポイントも変わってくるはずです。

フコイダンまず、最初に気をつけなければならないのは、その精製純度です。フコイダンの効果を期待する場合は85%以上の製品を選ぶことが望ましいです。また、摂取量の目安にも気をつけましょう。フコイダンの摂取量は、大手メーカーの場合、精製純度85%のものを1日1g以上摂るのが良いとされています。さらに、高分子、低分子の違いにも注目してみると良いかもしれません。どちらもメリットがあるので、より高い効果を期待する場合にはチェックしてみましょう。

フコイダンの精製純度ですが、フコイダン自体が様々なもので結びついた化合物であるため、混じりっ気の無い純度100%のフコイダンにすることはできません。もしも純度100%を謳っている商品があったら注意してみましょう。摂取量については、1日3g以上摂取することで下痢をするリスクが高まります。いくら健康に良いとはいえ、過剰に摂り過ぎることはかえって逆効果です。適量を毎日摂取することを心がけましょう。