フコイダンの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

フコイダンの特徴には一体どのようなものがあるのでしょうか。健康に意識の高い人の間で高い知名度を誇るフコイダン。名前は知っていても、どのようなものであるか知っているかは知らないという人も少なくありません。

フコイダンフコイダンは、1913年にスウェーデンの科学者であるH・Z・キリンが昆布のぬめり成分を発見したことに由来します。当時は「フコイジン」という名称でしたが、その後の国際糖質命名規約により「フコイダン」と変更されることになります。フコイダンの大きな特徴としましては、その保水力の高さにあります。海藻のネバネバ成分もフコイダンによるものです。水分を多く保つことで、潮が引いた後でも海藻が干上がることがありませんし、フコイダンの成分が細菌などから傷を守る効果があります。そのため海藻は痛みにくいのです。

海藻に多く含まれているイメージのあるフコイダンですが、馴染みのある海藻の中で最も多くフコイダンが含まれているのは乾燥もずくだと言われています。また、長芋やオクラ、納豆といったネバネバ食品にはフコイダンは含まれていません。これらの食品のネバネバはムチンと呼ばれる成分に由来しています。もしもフコイダンを摂取したいと考えているときには気をつけましょう。